神奈川県高等学校自転車競技新人大会2017 ロードレース

・レース名
神奈川県高等学校自転車競技新人大会(ロード)

・開催日時
2017年11月5日(日)7:00~

・開催場所
日本サイクル・スポーツセンター 5㎞サーキット(逆走)

・天候
晴れ

・距離
40㎞

・年齢
10代後半

・性別

・機材
使用バイク:キャノンデール CAAD12
コンポーネント:シマノ105
決戦用ホイール:Dura-Ace WH9000 C24(スプロケット:シマノ ULTEGRA CS-6800 11s 14-28T )

・リザルトや順位
31位/53人中(DNF)

神奈川県高等学校自転車競技新人大会2017レースレポート

高校の自転車競技部に入部し、初めての公式レースでした。

このレースへ向けた特別な練習等はしていなかったものの、毎日の部の辛い練習に耐えて力を付けてきました。

レース距離は40㎞と短いため、当日の試走は1周目で強度を上げ、2周目をダウンにしました。

このコースは2度走ったことがありましたが、逆走は初めてだったため感覚が全く違いました。特に下りはカーブが多く、2周の試走だけでは慣れることが出来ませんでした。

今回のレースの目標は完走する事でした。先頭から8人目の選手から5分遅れるとDNFとなるため、先頭集団から千切れないよう、スタート直後からなるべく集団の前に位置しようと意識しました。

1周目、苦手な下りで少し集団と間が空きましたが、得意な登りで追い付き集団内で2周目へ突入。

しかし2周目の下りで中切れが発生し集団から離れてしまいました。

他の選手と強調し前を追いましたが、力及ばずDNFとなってしまいました。

あと1周出来れば完走確定だったために悔しさが残りましたが、自分の実力や改善点を知るいい経験になりました。

・レース(コースプロフィール上)で注意しないといけない点
順走と比べて逆走は下りのテクニックが必要です。ブラインドカーブもいくつかあり、外へ膨らんでしまうことが多くありました。試走の際に確認しておく必要があります。

・決戦用ホイールの感想
今回のレースでは、Dura-Ace WH9000 C24をレンタルさせて頂きました。とにかく軽く、得意の登りでいつも以上の力を発揮できました。リムハイトが低いため、登りと比べて平地での恩恵は少ないように思えましたが、スポークがエアロ形状のためスピードを上げると空気を切り裂くような音が聞こえ空力が良いように感じました。