サンポート高松トライアスロン2017

・レース名

サンポート高松トライアスロン 瀬戸内国際体育祭 2017

・開催日時

2017年7月9日(日)

・開催場所

香川県高松市サンポート高松及び中心市街地周辺コース

・天候

晴れ

・距離

スタンダード(スイム1.5km、バイク40km、ラン10km)

・年齢

20代後半

・性別

・機材

使用しているバイク

サーベロS2

コンポーネント種類とグレード

コンポ:105
使用ホイール:DURAACE C35 クリンチャー

・リザルトや順位

・平均速度 37.2km/h

・平均ケイデンス  63rpm

・平均心拍数 163bpm

総合で30位以内だった。

サンポート高松トライアスロン2017レースレポート

スイム 2周回

コースの印象:波も少なく泳ぎやすい。
水質は普通。特に汚くも綺麗だとも思わなかった。
黄色い小さなブイがコース全体にわたりはっているので、ヘッドアップをしなくても、ブイを横目に見て泳げば、最短距離で泳ぐことが可能。
しかし、多くの選手が同じことをするので、ブイの付近はバトルが多い。
特に2周目は後続の選手がつかえるため、少し外側を泳いだほうがよい。

バイクコース 8周回
高松の中心部の幹線道路を走るフラットでスピードが出しやすいコース
折り返しや直角のカーブが多くコーナリングテクニックとコーナーの立ち上がりも重要になるコース
折り返しコーナーで落車している選手がいた(スイム上位であがった選手?)。
ビル街を走るので風の影響な少ない。
今回はリムハイト35mmだったが、ディープリムホイール(60mm、90mm)が適していると思った。
序盤にトンネルを抜けるが、照明が比較的明るく暗めのサングラスでも問題なかった。
事前の説明で、バイクコースは40キロもないので、周回、距離カウントに注意が必要とのこと。
レース当日の早朝にバイクコース内(県庁前の道路)で自動車と自動車の交通事故が発生した関係でバイクコースが35~36キロと短縮された。
コース幅は幹線道路を使用しているので、折り返し地点やコーナー以外では広く走りやすい。
コーナーが多いのでディスクホイールはやや不向きだと思う。
梅雨の時期であり雨が予想されたので、制動性を重視しクリンチャーホイールを選択した。

ラン 4周回
フラットなコースだが、日陰がほとんどないため、体力を奪われる。
今回は無風だったが、風除けとなる遮蔽物がないので、風の影響でタイムも大きく変わる可能性あり。
折り返しやコーナーも比較的多い。
海が一望でき景色は素晴らしい。
灯台の折り返し地点までの道は道幅が狭く、追い抜く際には対向の選手に注意が必要。
応援してくれるボランティアや観客が多く、励まされる。

その他:

出場選手全員に小学生からの手描き応援メッセージがもらえる。
返信用のはがきも同封されているので、お礼の手紙を書いた。

観客、ボランティアの数がとても多い。沿道からの声援は多いので、がんばれる!

安田大サーカスの団長も参戦していた。

車で行く場合、高速を使わずともフェリーでもいけるので、運転がしんどいかたはフェリーの選択肢もあり(神戸~高松)。

今年は四国初のアジアカップの開催(土曜日がエリート)にともないポイント対象カテゴリーも最高位のAになっており、JPNを背負った多くの選手がいた。